子育て

キラキラネームの親は低脳・低学歴?私は違うと思います。

毎年、人気の名前ランキングが発表されるとニュースコメント欄には決まってキラキラネームの批判コメントが並びます。
キラキラネームは他にもDQNネーム(ドキュンネーム)とも呼ばれますね。

何を持って人の名前を批判するのか、批判する側の心理を考察するとともに、学童保育指導員の経験から、世間で言われているようにキラキラネームを付ける親は本当に低脳なのかを考えたいと思います。

キラキラネームとは?

こんにちは、たか子です。

今回はキラキラネームについてです。

キラキラネームとは、世間では常識を外れたような名前のことをいいます。

世間で言うところのキラキラネームとは

  • 本来、人に付けるべきじゃないような名前
  • 漢字にあて字を多用した名前
  • あて字ではないが難しい漢字を多用した名前

などなど

また、キラキラネームとは反対の意味のシワシワネームという言葉もあります。

これは今の時代にはあまり使われないような古風な名前のことを指します。

たとえば、「うめ」とか「いと」か一昔前が想像できるような名前でしょうか。おじいさん・おばあさんを比喩してシワシワネームと呼ばれるようになったのは容易に想像できますね。

それから、キラキラネームはDQNネームとも呼ばれます。

この「DQN」は「ドキュン」と読みます。かつて「目撃!ドキュン」という番組があり、この番組に出演している人が世間から逸脱したような人が多かったことからここに由来されて、著しく常識・知識がない人や、非常識な人、いわゆる暴走族やヤンキーと呼ばれるような雰囲気の人たちのことをネット上で「DQN」と揶揄されるようになりました。

そうして、そういった人たちが付けそうな名前ということで、世間では一般的ではない名前を「DQNネーム」と呼ぶようになりました。

このDQNネームをもっとマイルドに優しい言い方にしたのがキラキラネームです。

さらに、最近では「逆DQNネーム」なるものがあるようです。

例えば○子というような名前をそう呼ぶようです。流行の逆を敢えて行くことから逆DQNネームというのだそう。

ここまでくると、わが子にはもうどんな名前をつけても他人から文句を言われるのを覚悟しておいた方がよさそうです。

このまま行くと、日本は誰に文句も言われない当たり障りのない名前がこの先流行するかもしれませんね。

キラキラだろうがDQNだろうがシワシワだろうが、どれも決して良い言い方ではありません。人をバカにしている言い方です。

はぁ~・・・ここまで書いただけでイライラしてきましたが、冷静にしっかり最後まで続けようと思います。

うちの子の名前

「自分の子供がキラキラネームだから批判をそこまで気にするんだろう」と思う方もいらっしゃるかもしれないので、説明させていただきます。

私には子供が3人います。このうちの一人、一文字だけあて字を使っている子供がいます。

私はその子の名前をつける際、どうしても使いたい仮名がありましたが、それに当てはまり、なおかつ、名前に使えるような漢字がほとんどなかった為あて字にしました。

他の人が見たら初見では読めないと思います。これも立派なキラキラネームでしょう。

他のふたりはそのまま読める漢字を使っています。

キラキラネームを批判する人からすれば、使える漢字を使えば良かっただろうとか、ひらがなにすればよかっただろうと思うかもしれませんね。

私は名前をつけるときに、あえて「読める名前」とは意識してません。

基本は辞書の読み通りに名前を付けようと思っていましたが、なかったのであて字になりました。

わざわざキラキラネームにしようとも思っていないし、キラキラネームと言われないような名前にしようとも思っていませんでした。

ある日、何かの受付で子供が漢字で名前を書いている時、まったく知らないママさんから「(子供の)名前、なんて読むの?」と聞かれたので答えました。そうしたら一言、「読めないね」と。

たか子
たか子
・・・・・。

余計なお世話です。

初めましての人に向かって人様の子供の名前を批判するあなたは何様ですか?と言いたくなりました。

でも、そんな人にその場で言い返しても何の得にもならないし、言い返す力が無駄なので何も言いませんでした。

相手のお方は言いたいことを言えてすっきりしたでしょうね。

変わった名前を付ける人よりも、人の名前を平気で批判できるような人にこそなりたくないです。名前が変わってることよりよっぽど問題じゃないですか?

私は名前は「親の願いや思いを込めるもの」、「個人を識別するもの」と思ってますので、法律上問題ないなら、おのおのがいろんな思いを込めて付けた名前なら他人がどんな名前を付けようとも、別になんでもいいと思うのです。

自分の子供の名前をつけるのに他人の目を気にして名付けしなきゃいけないなんて、世知辛い世の中です。

この名前キラキラネーム?

近年、子供の名前を考えてる人がインターネット上で「この名前はキラキラネームですか?」というような質問をしているのをよく見かけます。

本当に馬鹿馬鹿しいです。

自分が付けたいなら付ければいい。人の目が気になるような名前なら付けなければいい。自分のわが子の名前を付けるのに、赤の他人に相談するなんて馬鹿げています。

自分の人生で大切なことですら自分で決められないなんておかしいです。子供に名付けするにあたって、どの部分を一番大切にしたいのかをよく考え直してほしいと思います。

名前を批判する資格があるのか?

私は人の名前に文句を言う人が理解できません。その人はなぜ人の名前を批判するほど気にするのでしょうか。全くの他人なのに。キラキラネームが嫌なら、自分の子供には付けなければいい話です。

世の中で自分が一番正しいとでも思っているのでしょうか。ご自分の知識にどれほど自信があるのでしょうか。

キラキラネームを批判する人の心理

  • 人の批判をすることで自分の方が優れていると優越感に浸ることができる
  • キラキラネームを付ける人は非常識人だ。自分は常識人だ
  • 日頃の生活に不満やストレスがあるから、他人を攻撃することで解消したい
  • 自分自身が幸せだと思ってる。でも、どこかに人を妬む気持ちがある
  • 自分も付けたい名前があったが世間体を気にして付けられなかった悔いがある

人の名前を批判する人の心理はこんな感じだと思うのです。

自分の生活に満足しているなら、幸せを感じている人なら、人の名前をおかしいと批判することはないと思うのです。

もちろん「思う」ことは自由です。

幸せをたっぷり感じている人だって、他人の名前を聞いて「ちょっと変わってるなぁ」と思うのは自由です。

でも、口に出してはいけないのです。そこで、歯止めがきく人、きかない人はの違いはやはり、心に余裕が「あるか・ないか」だと思うのです。

さて、それを踏まえ、他人の名前を批判する人は「人の名前を批判をする資格があるのかどうか」をよく考えてほしいと思います。

名前を批判する人へ

  • 他人の名前を批判できるほどあなたは完璧な人間ですか?
  • 他人の名前であなたの人生に何か悪影響がありますか?
  • 名前で人の性格や内面が分かりますか?
  • その批判で傷つく必要のなかった人が傷つくことになるとは考えませんでしたか?

そう問いたいです。

私はキラキラネームが結構好き

学童保育の指導員として働いていた私、今どきの若い子に囲まれていたのでちょっとやそっとのキラキラネームでは驚きません。

むしろ、私はキラキラネームが結構好きです。

それがあまりに漢字と読みがかけ離れていて全く読めないこともありますが、読みを知れば「いいんじゃない」って思います。

なぜキラキラネームが好きなのか。

それは、

たか子
たか子
なんか近未来っぽい

から、です笑

近未来の猫型ロボットが出てくるあのアニメ番組では、未来人の名前は大体未来人っぽい名前です。

子供は漫画やアニメじゃないなんてよくいいますが、別によくないですか?

技術の進歩はとどまることを知りません。名前だって進歩していいと思うのです。普通が一番いいなんて個人の主観です。

もっと自由であっていいと思うのです。

日本はもともとあて字天国

さて、名前批判をする方へ少しばかり反撃したいと思います。

名前には流行がある

キラキラネームという言い方が広まったのは近年の話ですが、名前にはファッションと一緒で流行があります。

ファッションや名前に限らず、時代にはそれぞれの流行があります。

名前もそのひとつで、例えば江戸時代に流行っていたような名前は現代ではほとんど聞かないですよね。

時代劇なんか見ると、すごい名前だなーなんて思うこともたくさんあります。

例えば、今どき五右衛門さんなんていませんよね?

今付けたら何て言われるのでしょう。

玉さん
玉さん
シワシワどころじゃないから「逆DQNネーム」ニャ。

それから、今の大河ドラマ「西郷どん」に出てくる西郷隆盛の2番目の妻の名前「愛加那(あいかな)」。

聞いたことあります?今付けたら100%DQNネームって言われちゃいます。それから、豊臣秀吉の側室の名前は「ねね」。

かわいらしい響きから今では人気の名前ですが、ちょっと前まではほとんど見ない名前でしたよね。

それから、「蘇我入鹿(そがのいるか)」。初めて歴史の教科書で見たときにはちょっとした衝撃を受けましたよ。

現代ではイルカを連想しちゃいますからね。しかも、男性です。全然授業が耳に入ってこないです。

CHECK!

沖縄に行ったらイルカと触れ合いたい!超楽しいイルカふれあい体験をご紹介

このように、その時代・時代で流行の名前があるんです。聞いたことない名前だからと、それは批判する理由になりません。

 

読めない名前は今に始まったことではない

難読漢字

大正生まれ・昭和の初期生まれの方のお名前は読めない名前だらけです。

旧字体を使用していることが多いことから、特に男性は振り仮名がないと読めない名前の方が多いです。

女性では平仮名の名前の方が多いですね。その時代の人は読めたのかもしれませんが、現代人には読めないです。

そんな名前を今つけたら、やっぱりキラキラネームなんて言われちゃいます。

当て字天国

それから、あて字だあて字だと騒ぐ人、日本は当て字だらけだってことをご存知ですか?

国の名前、地域の名前、日常使われる言葉にも当て字がたーくさんありますよ。

国や外国の地域の名前には実際の音に近い漢字を使用していることが多くあります。面白いので調べてみてくださいね。

ここではそのうちの一部を紹介したいと思います。

国の名前の当て字

  • アメリカ・・・亜米利加
  • アルジェリア・・・阿留世里屋
  • イタリア・・・伊太利亜
  • スウェーデン・・・瑞典
  • トルコ・・・土耳古

などなど

一部の若い人が好んで使う「夜露死苦」みたいなものです。

それから日本での変わった地名。北海道や沖縄は特に多いですね。

こちらも沢山ありますので調べてみてください。

日本の変わった地名

  • 稚内・・・わっかない(北海道)
  • 渡波・・・わたのは(宮城県)
  • 枚方・・・ひらかた(大阪府)
  • 今帰仁・・・なきじん(沖縄県)

などなど

これはあて字とは少し違いますが、先ほどの国名のような漢字を羅列したのとはまた違って、教えてもらわないと普通は読めないですよね。

そして、そのほかの日本で使われる通常の漢字の読みではない読みの言葉。

通常の漢字の読みではないもの

  • 睦月(むつき)如月(きさらぎ)など月の名前
  • 梅雨(つゆ)五月雨(さみだれ)など天気をあらわす言葉
  • 紫陽花(あじさい)向日葵(ひまわり)など植物の名前
  • 陸蓮根(オクラ)花椰菜(カリフラワー)など食べ物の名前
  • 子守熊(コアラ)啄木鳥(きつつき)など動物の名前

などなど

もうあげられないくらい沢山あります。

当て字というのは、発音から似た漢字を当てる場合と、そのものに対してのイメージから漢字を当てる2つのパターンがありますね。

日本語の当て字【2つのパターン

  1. 発音から似た漢字を当てる(例:亜米利加)
  2. その物に対してのイメージや意味から漢字を当てる(例:梅雨)

日本ではずっとずっと昔からそうしてきたんです。

読みと仮名のセットとして定着してひとつの日本語の単語になるんです。

それが日本語の特徴のひとつでもあるんですよね。

個人の名前で同じことをして何がいけないのでしょう。

そもそも、字はその昔、中国から漢字が伝わってきてその後日本で独自の進化を遂げて今の形になりました。

もっと言えば、この世で使われている全ての言語は人間が創りだしたものです。遺伝子に組み込まれ、生まれ持ったものではありません。

もともと人が創り出した言葉。はじめは物にも植物にもなーんにも名前がなかったんです。

個人の名前だって一緒です。聞いたことがなくても、珍しい読みでも、他人には読めなくても親がそれぞれ意味を込めて付けた名前です。

個人につける名前に対して他人がとやかく言うことではないですよね。

言葉の使い方には文法などの決まりがありますが、名前は自由です。

もちろん、人名に使ってはいけない漢字や道徳的につけないほうがいい名前など、一部で使えない名前や漢字はありますが、日本の国家の中で法的・道徳的に問題のない名前を批判する資格は誰にもありません。

世間で白い目で見られるのは誰のせい?

次は、「へんな名前を付けられた子供がかわいそう」と言う方へ。

日本人は本当に人と同じが好きです。人と違うことがあると、他人から好奇の目で見られ、噂され、陰口を言われ、仲間はずれにされます。怖いですね。

何が怖いって誰でもそっち側の人間になり得るってことです。

人と少し違う名前を付けたら批判されるようになったのは誰のせいですか?名付けした親のせいですか?

違います。

本来自由であるはずの名付けに対して、人々が人様の名前を簡単に批判するようになったからです。

みんなで文句を言えば怖くない!ストレスを発散できる!人を見下すことができる!!

みんなが自由の名のもとに、それぞれつけたい名前を自由に付けられて、批判されることのない世の中だったら、批判する人の方が敵視されるような世の中だったとしたら、親はつけた名前に誇りを持てたし、子供も付けてもらった名前に誇りを持てたんです。

それを自分の勝手な感情によって人の名前を簡単に批判できるようになったから、特に、スマホやネットが普及して誰もが簡単に社会に野次を入れられるようになってから、人を傷つけることに抵抗がなくなり人の名前を批判するようになり、自分には全く関係のない他人を言葉という暴力で傷つけるようになったんです。

みんな同じ意見だから。本当はキラキラネームだなんて思ってないけど。本当はかわいい名前だと思うけど。漢字があて字だけど私は好きなんだけど・・・・・

みんながそう言うなら・・・人と違う人を攻撃する世の中だから・・・そっち側に行かないと自分も攻撃されてしまう!!

どうして、自分と違うことは認めないのでしょうか?

どれだけ自分が偉大で賢くて正しいのでしょうか?

人の名前をキラキラネーム、DQNネーム、シワシワネームと批判する人は、人と人の違いを受け入れられない、向上心のない、これからの時代に行き遅れる古い人間だと思います。

自分以外も認められる人間になりたいと思いませんか?

他人を低脳だという人間が低脳です。なんですか低脳って。

向上心がなく人を見下し、ただ批判を口にすることしかできない人間こそ低脳じゃないでしょうか。それともそれは高貴な人間ですか?

この世に生まれてきて、人の名前を批判することほどバカバカしいことはありません。

自分だって、世界中に存在する人間のうちのひとりです。

そんなことする人ははっきり言ってそれこそ人間の底辺だと思います。

人の名前を批判したところで、誰もその人を頭が良くてすばらしい人だとは思わないでしょう。

本当にすばらしい人は他人の名前なんて微塵も気にせず、ひとりひとりの人間を認められる人だと思います。

変わった名前の人に遭遇したとき、「いい名前だね」と一言言える人だと思います。

ちなみに、先ほど私の子供の名前を批判してきた人の話をしましたが、こんなエピソードもあります。

これもまた、どこかの受付で子供の名前を書いたとき。

受付の人に「なんて読むの?」と聞かれ、その方は少し年配の方だったので「はぁ~批判されるのかなぁ」と思いながらも名前の読みを答えたとき、「○○って読むんだぁ。素敵ないい名前だね」と言われたことがありました。

中高年や年配の方は自分たちの時代では聞いたことがない名前が多いので、若い人よりもキラキラネームに大きな抵抗を持つ方が多いのは事実です。

ですので、私もそのとき批判されることを覚悟して名前を言ったのです。

でも、思わぬ返事に良い意味で度肝を抜かれました。

「読めない」と批判された時よりも後のことだったので余計にうれしかったです。

例えそれがお世辞だったとしても、そう言ってもらえたことは多分一生忘れません。

名前を褒めてもらえるってそれくらい嬉しいことです。

だから逆に、名前を批判されることはすごく辛いことなんです。

「変わった名前だね」とか「読めないね」とか「今どきだね」は思っても言わなくていい言葉です。

ひとつもうれしく思わないですし、不快です。そんなことをわざわざ言うような人にならないでほしいなと思います。

どうしても言いたいのなら、本人ではなく家に帰って家族に話してほしいです。家族なら話を聞いてくれるでしょうし、家の中なら誰も傷つけません。

それから、「変わった名前・キラキラネームを付ける人は低学歴の人が多い」や、「地位の高い人や高学歴の人の子供でキラキラネームを見たことがない」というのも間違いです。

単なる偏見です。いろいろな子供さんと親御さんを見てきましたが、変わった名前だから低学歴ということはありません。高学歴の人でもあて字を使っていたりします。全く関係のない話です。

色眼鏡でしか人を見ていないのです。

変わった名前を付けられた人へ

私はここまで話した通り、キラキラネームを否定する気持ちは全くありません。

ですが、名前をつけてもらった側で「へんな名前を付けられ自分でも気に入っていない」、「人から悪く言われてつらい」、「普通には読めないのでいろいろな場面で困る」と思う人もいると思います。

どうしても我慢できないくらい嫌だったら、改名することを視野に入れてもいいと思います。

ただし、改名するにはそれなりに大変な思いや時間がかかったりするようです。

私は名前を否定しませんが、本人の気持ちも否定しません。名前について悩むことがあるならまずは親に相談するべきだと思います。

キラキラネームという呼び方が死語へ

自分は素敵な名前をもらったと思っていても、その名前を批判・否定する人がひとりでもいたら、その人は心から傷つきます。名前はその人を表す固有名詞なんですから。

「まだキラキラネーム・DQNネームなんて言って人の名前に文句言ってるの?くだらない。人それぞれじゃない」と多くの人が言えるようなそんな世の中になっていってほしいなと思います。

お役に立てたら幸いです。では、また^^♪

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でせっけんびよりのたか子をフォローしよう!

POSTED COMMENT

  1. KBTIT より:

    お前がなんと言おうがDQNネーム付ける親は低能ガイジだよ
    ぶっ殺されても文句言えんレベルやぞ

    • たか子 より:

      KBTITさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。

      そうですね、私がどう言おうとそれを受け入れられない人がいることは百も承知です。
      ただ、
      >ぶっ殺されても文句言えんレベルやぞ
      という表現には、思わず二度見してしまいました。

      自分の意見を発信することで悩んでいる誰かに少しでもいい影響を与えられたらという思いでこちらの記事を書かせていただきました。

      記事中に記載していますが、DQNネームを批判する人は心の余裕がありません。
      KBTITさんも何かストレス発散できるといいですね。

      記事を丁寧に読んでくれたことを嬉しく思います。
      貴重なご意見ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)