せっけん

ただキレイになるだけじゃない 石鹸洗濯で得られる嬉しい効果!

 

こんにちは、たか子です。

今回は石鹸で洗濯すると得られる意外な効果についてお話いたします。

 

ただキレイに洗濯できるだけじゃないんだぞ~!

 

石鹸洗濯で得られる効果

 

↓石鹸洗濯のやり方についてはこちらをご覧下さいね♪

石鹸洗濯のコツ!ドラム式洗濯機でのやり方公開!

 

その1 アトピー肌や化学物質過敏症に有効

これだけ合成洗剤が主流になっている世の中で、あえて洗濯石鹸をしている方は何かしらの理由があることが多いと想います。

 

アトピーであることもその理由のうちのひとつです。

我が家の場合もコレが最初のキッカケでした。

 

↓詳しくはこちらもどうぞ♪

私が石鹸を使い始めたキッカケ

 

アトピー肌というのは、皮膚に何らかのアレルギー反応が起こっている状態です。その原因が、着ているお洋服に残留している洗剤・柔軟剤だということがあります。残留している化学物質を脳が異物とみなし、肌がかゆくなります。

 

中には、洗濯の洗剤を石鹸に変えただけで皮膚のかゆみが治まったという人もいるくらいです。

 

もちろん、これだけが原因だとは言いませんが、かなり関わっているのではないかと思われます。特に、子供や赤ちゃんの皮膚は大人の1/3と薄く、敏感で繊細ですので、できるだけ合成洗剤での洗濯は避けたいところです。

 

石鹸洗濯は、合成化学物質は全く使われていませんので、肌には非常に安全です。アレルギーを起こす心配はありません。化学物質過敏症の方にももちろんお使い頂けます。

 

厳密にいうと石鹸も化学物質なのですが、一般にいう合成化学物質とは全く違います。

 

詳しくはこちらをどうぞ↓

アトピーには石鹸がいい!?合成化学物質の危険性とは?

 

ですからアトピーで悩んでいる方には、まず洗濯を合成洗剤から石鹸に替えることをおすすめ致します。また、化学繊維で出来た服でもかゆくなる人もいますので、石鹸洗濯に加えて下着だけでも綿素材にするともっといいです。

 

その2 本来の嗅覚が戻る

石鹸洗濯を始めると、最初のうちはにおいにかなり違和感があります。合成洗剤のようないい香りは皆無です。

ですが、しばらく石鹸洗濯を続けていると、今度は合成洗剤の香りがキツく感じるようになります。

 

私の体験なのですが、お隣さんが洗濯物を干すと分かるようになりました笑

隣と言っても、お隣さんの家→庭→我が家→庭という感じに、間に家と庭を挟んだ状態です。お隣さんは2階で我が家は平屋建てなので結構離れてます。

 

ですから、はじめて香りを感じたときには本当に驚きました。窓を開けてると風向きによっては家の中でもにおいがすることがあります。

こんなことは、合成洗剤で洗濯している間には全く感じたことありませんでした。

 

不快なほどではないですが、香料ってそんなに飛ぶんだなぁ~と妙に感心しました。

 

私も以前は、必要以上に柔軟剤を入れてました。香りってだんだん耐性が付いてきて、慣れてくるほど香りを感じにくくなるんですよね。匂いで他人に迷惑かけてたかもしれませんね。

 

香水も同じで、必要以上につけて顔を背けたくなるような人もいますよね。

自分自身が香りに慣れてしまってるからいっぱい付けて、他の人にどう感じるかなんて全く考えてないんですよね。

 

最近香り(におい)テ○なんて言われてますね。

 

石鹸洗濯にすると、本来の嗅覚が戻ってきますよ。

 

その3 ヘドロがなくなる

これはドラム式洗濯機を使っている方限定なんですが、ドラム式洗濯機って、縦型のようなクズ取りネットってないんですね。

 

その代わりに、洗濯機の下部に糸くずフィルターというものがついています。(メーカーによって呼び方や形状に違いあり)

プラスチックで出来た網状の筒のような形なんですが、ここに糸くず等のゴミが溜まるようになってます。

 

この溜まっているごみなんですが、ヘドロのようにドロドロしてすごく汚いんですよね。

だから糸くずフィルターの掃除が大嫌いでついついサボりがちになり、「詰まってます。掃除してください。」なんて警告受けちゃうんですよね。

久々にフィルターを開けるとすごいことになってて 笑

なんとか掃除を楽にしようと、使い捨ての不織布を切って敷いてみたりいろいろしましたが効果的なものはなく。ゴミ取り専用のシートみたいなのもあるのですが、高い。。庶民には手が出せません orz

 

↓これ

 

そのヘドロが、石鹸洗濯にしてしばらく経ったらなくなったんです!!

 

びっくりしました。あんなに嫌だったヘドロが出ない・・・!

 

これは衝撃でしたね。ただ単純に糸くずが集まっているだけ。おかげで糸くずフィルターを掃除する頻度がだいぶアップしました。

 

あのヘドロはドラム式洗濯機のせいではなく、合成洗剤と柔軟剤のせいだったなんて石鹸洗濯にしなければ永遠に気付きませんでした。

排水口がヘドロで詰まることも、きっともうないでしょう。

 

これは、ほんとにうれしい誤算でした。

 

 

その4 静電気が減る

これもうれしい誤算のひとつ。

私は自他共に認める超帯電体質で、冬も真夏も一年中静電気でバチバチいってる電気人間でした。

洗濯を干すときが本当に憂鬱で、毎日ビクビクしながら干してました。

 

ところが、やはり合成洗剤から石鹸洗濯に替えてしばらく経ったころ、最近静電気きてないなぁと気付いたのです。

 

他に理由がないので、石鹸洗濯のおかげだとしか思えません。柔軟剤を入れたほうが静電気対策になるなんて言われていますが、本当なんでしょうか?

私は以前は必要以上に柔軟剤を入れてましたが、柔軟剤のおかげで静電気が減ったと感じたことは一度もありません。

 

石鹸洗濯にしてからは、本当にびっくりするくらい静電気が減りました。最近は、化学繊維の毛布を取り込むときにバチっとくるくらいです。静電気が減って油断してるのでかなり痛いです。。

 

静電気にものすごく悩まれていると言う方は、静電気対策に石鹸洗濯を試してみるのもいいかもしれません。

 

その5 白い洗濯物が真っ白になる

石鹸洗濯の醍醐味はやはりこれです。

ドラム式洗濯機は縦型洗濯機に比べ水の量が少ないので、洗剤や柔軟剤の残留によって洗濯物が黒ずむことがあります。この黒ずみには私もかなり悩まされました。

 

特に白いものは黒ずみが顕著に現れます。毎日少しずつ、少しずつ気付かないうちに黒ずんでいくんです。白いものは灰色に。色が着いているものは薄汚れた感じになっていきます。

 

柔軟剤を多めに使っていると余計に黒ずむのも早いです。

下の写真をご覧下さい。

左からほぼ新品(数回洗濯したもの)、1年使用・洗濯したもの、合成洗剤で洗濯していたもの です。

タオルの材質が全部少し違うのでちょっと分かりにくいのですが、黒ずみ具合はなんとなく分かっていただけると思います。

 

 

下の写真は、新品(左)と一年間使用したもの(右)を比較したものです。材質が少し違うのですが、一年間使用・洗濯しても黒ずみはなく、白さをキープしています。

 

新品の物は明らかに蛍光剤が使用されているのが分かりますね。1年間使ったものは、蛍光剤独特の青白さが抜けてる感じがします。蛍光剤が落ちたのでしょうか。

余談ですが、蛍光剤は発がん性があるなどとされ、食品衛生法では蛍光剤を使用したタオルで食器など食材に触れるものを拭いてはいけないとされているものです。

今後注目したい箇所です。これから調べていこうと思います。

 

 

次は新品(左)と合成洗剤で洗っていたもの(右)の比較です。

 

写真だと分かりにくいですが、かなり黒ずんでいてグレーっぽいです。しかも、実はこれは石鹸洗濯により、かなり白くなった状態なんです。

石鹸洗濯を始める前は完全なグレーでした!!

 

石鹸洗濯をすることにより、残留していた成分が少しずつ落ちて、本来の白さに戻ってきました。

 

このように、石鹸洗濯では汚れをしっかり落とし、白いものはちゃんと白く洗濯が出来ます。色物も本来の発色を損ないません。

 

 

その6 環境に良い

石鹸は単純な化学反応で出来た物質で、水に多く触れるとすぐに界面活性力を失います。

排水されても短期間に自然に分解され、自然に負荷がかりません。

 

石鹸は人と自然が共存していくのに、もっとも適しています。

 

おわりに

洗濯石鹸の効果を書き出してみて、私自身改めて洗濯石鹸の良さを実感しました。

これからもずっと使い続けていきたいです。というか、一度使うともうやめられません。

 

みなさんも是非洗濯石鹸試してみてくださいね^^

 

 

少しでもお役に立てたら幸いです。

では、また^^

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でせっけんびよりのたか子をフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)