せっけん

アトピーには石鹸がいい!?つらい症状を少しでも軽くするためにできることとは?

アトピーのお子さんがいる方。子供を見ているとつらいですよね。

「できることなら替わってあげたい」何度そう思ったことか。

子供のつらい症状を少しでも軽減するためにはどうしたらいいのか考えてみたいと思います。

 

アトピーには石鹸がいいです

アトピーは皮膚に出るアレルギー症状です。アレルギーの原因には、ハウスダスト・化学繊維・柔軟剤など外因的要因と、食べ物による内因的要因があります。

アレルギー症状ですので、アレルゲンを取り除くことにより症状を軽減させることができます。

アトピーの症状や原因についてはこちらの記事で詳しく説明しています。

[label title=’Check!’ color=’#f38181′ icon=’icon-ok’ text=” class=”]
子供のアトピー。コレがアトピーの症状!?かゆみを抑えるにはまず生活環境から。

そして、アレルゲンを取り除くために何ができるのかというときに、私は石鹸生活をおすすめしています。

石鹸生活と言っても、全て石鹸だけの生活というのは慣れていないと大変なものです。ですから、まずはお風呂で使うボディソープを石鹸に変えるところから始めてみてください。

どんな石鹸がいいのかはこの後に説明しますね。

ボディソープを石鹸に変えたら、次はお洗濯を石鹸にしてみてください。いわゆる、石鹸洗濯です。洗濯の洗剤の残留や柔軟剤の残留は、アトピーにおいて大きな影響があると感じます。

お風呂の体洗いとお洗濯を石鹸に変えるだけでも、かゆみの程度が軽くなると思います。もちろん、その他にも食事の改善や信頼できる医師のもとで治療をすることも大切なことです。

石鹸生活はあくまでも、すこしでも皮膚をいい状態にもっていくための手段です。その上でこのブログを参考にしていただけたら嬉しく思います。

 

なぜ石鹸がいいのか?

石鹸と言ってもその種類は実に沢山あります。その中でアトピーにいい石鹸というのはごく一部です。いい香りのするような石鹸は残念ながらアトピーにいい石鹸とは言えません。

アトピーにいい石鹸というのは、純石鹸です。

今まで石鹸と無縁だった方には聞き馴染みのない単語でしょう。純石鹸とは余計なものが一切添加されていない、無添加の石鹸のことです。

石鹸の選び方についてはこちらの記事の中で詳しく解説しています。

[label title=’Check!’ color=’#f38181′ icon=’icon-ok’ text=’純石鹸って?’ class=”]
意外と難しい!石鹸の選び方。その石鹸は間違っている!?

化学物質はアレルゲンですから皮膚のかゆみを引き起こす原因となります。反対に、純石鹸はアレルゲンとならないのでアトピーの肌に優しいんです。

ただ、純石鹸は洗浄力・脱脂力が強く、乾燥肌になりやすいというデメリットもあります。乾燥肌はアトピーの原因のひとつなので、保湿が大切になってきます。また、下の記事の中でも紹介しているオリーブオイルで作られた石鹸は洗いあがりがしっとりしていておすすめです。ただし、これも使用後の保湿は必須です。

[label title=’Check!’ color=’#f38181′ icon=’icon-ok’ text=’我が家で使用している石鹸’ class=”]
マリウスファーブル社のマルセイユ石鹸600gを自分でカットする方法

さて、そんな純石鹸ですが、実は純石鹸も化学物質のひとつであることはあまり知られてはいません。

純石鹸も化学物質

化学物質とは人工的に作り出された、普通なら自然界に存在しないものです。

皆さんがよくご存知のプラスチックや食品添加物など、石油から化学物質を作り出すようになったのは、わずかこの100年のことです。

[label title=’Check!’ color=’#f38181′ icon=’icon-ok’ text=’大切なことです’ class=”]
安い・便利の代償。人は化学物質の危険性を真剣に考えるときに来ている

一方、石鹸の歴史は合成化学物質の100年よりもはるか昔。およそ紀元前3000年頃に生まれたと言われています。一般に余に広まるのはこの後ずっと先になりますが、石油からなる化学物質に比べるとはるかに長い歴史があります。

石鹸は、神に供える羊を火であぶっているとき、したった油と灰が混ざり偶然にできたと言われています。

油と灰の化学反応です。立派な化学物質です。最も古い化学物質とも言われています。

ですが、いろんな工程を経て複雑に生成される合成化学物質とは違い、石鹸は単純な化学反応で作られた自然に限りなく近い化学物質なのです。それ故、排出された石鹸の成分は数日で自然分解されます。出来るのも単純な化学反応だから、自然に返るのも簡単なんですね。反対に合成化学物質の場合は自然に還るまでに長い歳月を要します。

このように石鹸は化学物質ではありますが、それを使用したことによる環境や人体への悪影響などの話は全く聞いたことがありません。

石鹸は長い歴史の中で、私たち人間や自然に対して安全なことを証明してきたのです。

石鹸の特徴

[capbox title=”石鹸の特徴” titleicon=’icon-heart’ titlepattern=2 bdstyle=4 bdcolor=#66bfbf]

  • アレルゲンにならない
  • 環境に多大な負荷を与えない
  • すぐに洗浄力を失う
  • 脱脂力が強い[/capbox]

石鹸は薄まったり汚れと出合うとすぐに洗浄力を失ってしまうのが特徴です。これも、合成界面活性剤とは大きく異なります。

例えば、食器を洗うとき合成洗剤の場合は泡の付いた食器を重ねて上から水を流しながら皿を洗ってもなんの問題もないですが、石鹸の場合はそうはいきません。

水がかかると石鹸は汚れを手放してしまうので、石鹸で洗った食器の場合は一枚一枚お皿を流さなくてはいけません。流している間、他のお皿は水がかからないように離れた場所に置いておきます。

こんな風に。

慣れるとどうってこともないのですが、合成洗剤から移行したばかりのときはやはり戸惑います。

[label title=’Check!’ color=’#f38181′ icon=’icon-ok’ text=’食器も石鹸で’ class=”]
失敗しない!石鹸で食器洗い。石けんで洗うときのコツをお教えします

石鹸の洗浄力が意外と強いことも石鹸の特徴のひとつです。アトピーの方に使う場合は、先ほども軽く触れましたが保湿を丁寧に行ってください。

また、石鹸の特徴を理解し、自分なりの石鹸の使い方を模索してみてもいいかと思います。

[capbox title=”たとえば・・・” titleicon=’icon-user’ titlepattern=2 bdstyle=4 bdcolor=#66bfbf]

  • 基本はお湯洗い。週に一度だけ石鹸を使う
  • 足やデリケートゾーンなどの汚れやすい場所のみ石鹸を使う
  • 夏は石鹸、そのほかはお湯洗い  などなど[/capbox]

 

石鹸シャンプーは石鹸に慣れてから

シャンプーを石鹸で行う石鹸シャンプーもあります。私も長年頭のかゆみに悩まされていましたが、石鹸シャンプーでかなり改善されました。今は理由があり石鹸シャンプーを行っていませんが、頭のかゆみに悩まされている方は試してみる価値があります。

ただし、石鹸シャンプーは上級者向けです。このブログで失敗しない石鹸シャンプーのやり方を紹介はしていますが、やはり初心者の方には戸惑うことが多いかと思います。純石鹸の扱いに慣れてきてから試してみてください。

[label title=’Check!’ color=’#f38181′ icon=’icon-ok’ text=” class=”]
もう挫折しない!簡単石鹸シャンプーのやり方。おすすめの石鹸もご紹介

 

石鹸生活はじめましょう

アトピーの方にもそうじゃない方にも石鹸生活はおすすめです。

石鹸生活を始めると、どれだけ自分の体が化学物質で汚染されていたのかが身に染みて分かります。化学物質をなくす生活はこの日本では無理です。でも、離れる生活は意思があれば出来ます。

少しでもアトピーのかゆみを軽減するために、まずは体洗いとお洗濯から石鹸生活を初めてみてほしいなと思います。

 

お役に立てたら幸いです。では、また^^♪

 

[label title=’こちらも人気です’ color=’#66bfbf’ icon=’icon-crown’ text=” class=”]
子供のアトピー。コレがアトピーの症状!?かゆみを抑えるにはまず生活環境から。
失敗知らず!できるだけ安く簡単に石鹸洗濯したい!初心者におすすめの粉石鹸
赤ちゃんことを考えたら選ぶべき石鹸・ベビーソープ おすすめの石鹸3選!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でせっけんびよりのたか子をフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)