子育て

さつまいもの保存方法 子供が掘ってきたさつまいもをさらにおいしくするワザがあるなんて

秋ですね~♪秋と言えば読書の秋、スポーツの秋、そして食欲の秋ですね。この時期、幼稚園や保育園では芋ほりを行うところが多いと思います。学校で芋ほりをするところもありますね。

手をどろんこだらけにして帰ってきて、満面の笑みで掘ってきたお芋を見せてくれる姿が愛らしいですよね。

そのさつまいも、実はおいしさをアップさせる秘訣があるんです!

今回はそのおいしさをアップさせる方法や保存方法などをご紹介いたします!

 

採りたてのサツマイモは美味しくない!?

 

子供が幼稚園の芋ほりで掘ってきたさつまいもを食べたら「あれっ?なんか味がイマイチ・・?」と思ったことはありませんか?

子供の手前「なんか美味しくないね・・・」なんて絶対に言えないです。というか、言ってはいけません。

普通野菜というのは、採れたてが新鮮で瑞々しくて美味しいですよね。トマトやきゅうり、ナスなんか採れたてが一番美味しいですね。

また、朝採りの野菜は一番美味しいと聞きますね。それは、前日の夜に蓄えた養分がたっぷりあるから。昼間にはこの養分を消費してしまうのです。また、水分も昼にはどんどん蒸発していくので、朝採れたものが養分がぎゅっと詰まっているしみずみずしくて美味しいんですね。

 

では、さつまいもはどうでしょうか?

実はさつまいもは収穫されてからゆっくりゆっくり、さつまいもに含まれるでんぷん質が糖化していくのです。秋よりも春に買うさつまいもの方甘く感じるのは気のせいではなかったんです。

ただ、それはきちんと湿度・温度管理された貯蔵庫で保管されるからおいしく糖化するのであって、家庭で長期間保管したからと言ってうまく糖化するほど簡単なことではありません。

しかし、家庭では長期熟成させなくても取れたてのお芋をその日に頂くより、1週間くらい置いたものの方が確実においしいんですよ。

 

家庭でおいしくいただくには?

家庭では専用の貯蔵庫のようには保管できませんが、なるべく長期保存できるように工夫することはできます。

[capbox title=”こんな経験ありませんか?” titleicon=’icon-starburst’ titlepattern=2 bdstyle=4 bdcolor=#66bfbf]

  • 買ったさつまいもを使うのを忘れてて干からびてる
  • 袋の中に入れっぱなしでカビが生えた
  • 久々に見たら腐ってた

[/capbox]

こんな経験が主婦の方ならおありかと思います・・・あれ。私だけ?

こんなことにならないようにするには保存方法が肝です。

[capbox title=”正しい保存方法はこちら!” titleicon=’icon-heart’ titlepattern=2 bdstyle=4 bdcolor=#66bfbf]

  • 掘ってきたさつまいもは1~2日干して乾燥させる(少しでも濡れてるとカビが生えます)
  • 泥はついたままにする(洗うと水分を吸って腐ったりカビが生える原因になる)
  • ひとつずつ新聞紙にくるむ(適度な湿度が必要なため)
  • ダンボールや紙袋などに入れて風通しのよい日陰に置いておく(冷蔵庫は絶対ダメ)

[/capbox]

なんとなくほったらかしても大丈夫そうなイメージのさつまいもですが、意外とデリケートちゃんなのですね。

適当にあしらうとすぐにスネてカビを生やしたり腐ってしまうので、大切に扱ってあげましょう。

 

こうやって保存しよう

泥がついたままのさつまいもをひとつずつ新聞紙で包みます。

さつまいもの保存方法泥付きのまま保存します

 

ぜひ子供と一緒にやってくださいね。

全部包めました♪

こんな風に1本1本を丁寧に新聞紙でくるみ、風通しのいい日陰に置いておきます。

 

どのくらい保存できる?

保存方法を調べてみるとまちまち。2週間というところから3ヶ月も。うまく保存すれば半年なんて情報も。

ですが、私の推奨保存期間は1ヶ月以内というところですね。

1ヶ月以上経つと経験上しわしわになってたりして美味しくないですし。家で半年保管したさつまいもってどんな姿になってるのか・・・上手に保管できるならいいと思いますが、一般の方ではなかなか上手くいかないかと思います。

また、早く食べられればいいけど掘ってきた大量のさつまいもを2週間で食べられるかと言えば、うーん、ちょっと厳しい。

使うことを考えたら1ヶ月までに食べきるのが一番丁度いい感じですよね。

上記の保存の仕方で1ヶ月以内なら全く問題なくおいしく食べられますよ。

冷凍保存はできる?

さつまいもは生のままでは冷凍保存はできません。茹でるなどの調理をすると冷凍保存できますよ。

輪切りなどに切ったさつまいもを茹でて、火が通ったらフリーザーパックに並べ入れて空気を抜いて冷凍します。マッシュ状に潰して冷凍するのもOKです。

私は離乳食のときに潰したさつまいもをよく冷凍してました。自然な甘さが美味しいから、子供も大好きでよく食べてくれました。

懐かしいです。

離乳食には茹でてから冷凍が一番いい保存方法かもしれませんね。

 

みんな大好きさつまいも!

子供が一生懸命掘ってきたさつまいも、保存方法などに気をつけて家族みんなでおいしく頂きましょう。

そのままふかして食べるもよし。夜ごはんのおかずにもよし、スイートポテトやさつまいもパイもおいしい!!

食欲の秋をさつまいもで楽しみましょう~♪

 

お役に立てたら幸いです。では、また^^

 

[label title=’こちらも人気です’ color=’#66bfbf’ icon=’icon-crown’ text=” class=”]
子供がズルをする!一体なぜ?性格?育て方?やめさせるにはどうしたらいいの?
おもちゃの与えすぎによる影響は?おもちゃで子供も家もダメにしている理由
前のお宅のにおいがプンプン。給食着の洗濯方法はこれが正解。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でせっけんびよりのたか子をフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)