無添加にこだわる

無添加手作りレモンシロップの作り方!安いジュースにはワケがある

子供がいる家庭で欠かすことのできない(!?)ジュース!

でも、ジュースはいかにも「添加物たっぷり」なイメージがありますね。ジュースによく含まれている添加物を知ると、ちょっと恐くて子供に飲ませたくなくなるかもしれません・・・。

子供にあげるジュースは簡単に作ることができるのでおすすめです。自分で作ったものならおかしな物質は入ってませんし、安心して飲ませてあげられます。

今回はそんな手づくりの美味しいジュースが出来るレモンシロップの作り方をご紹介します。

市販のジュースはヤバイかも

 

こんにちは、たか子です。

最近では添加物を避けた生活をしたいと思うような人がだいぶ増えてきた印象です。私もそのうちのひとりで、以前までは添加物なんて全く気にしていませんでした。

ジュースはおろか、お菓子、ジャンクフード、柔軟剤、シャンプー、なんにも気にしていなかったです。子供が生まれ、だんだんと今まで気にしていなかったものが気になるようになってきました。

そういう方は意外と多いのではないでしょうか。このブログでは無添加のことについていろいろとお話しているので、参考にしていただけたら幸いに思います。

そして、今回のジュースについてですが、これはもう添加物の塊と言っても過言ではないくらいです。もちろん、添加物の入っていないものや、少ないものもありますので、市販のジュースを買うときには成分表をよく確かめてから購入するといいですね。

とは言え、どんな添加物がダメでその添加物によってどんな影響があるのかは、なかなか私たち一般人には理解しきれないところがあります。

添加物の名前って長ったらしいカタカナが多いですし、商品を購入する際にいちいちネットで調べるのも煩わしいです。

[talk words=’いちいち覚えてらんない’ name=’たか子’ align=” avatarimg=’https://sekkenbiyori.com/wp-content/uploads/2017/10/profile.jpg’ avatarsize=” avatarshape=” avatarbdwidth=” avatarbdcolor=” avataricon=” color=” bgcolor=” bdcolor=” bdstyle=” class=” style=”]

だから私はふたつしか覚えてません(笑)

「アセスルファムK」と「スクラロース」です。

このふたつは、ジュースやアルコールに本当によく添加されています。あれも!これも!?って感じです。使いやすいんでしょうね。

市販のジュースはあまり買いませんが、子供が「ジュース飲みたい」と言ったときにはこのふたつが入っていないかを必ずチェックします。それから、このふたつの添加物じゃなくても似たような名前の添加物は避けます(笑)きっと似たような成分なんだろうと私は思うからです。

でも、なんだかんだ言って子供はジュースが大好きですね。なんでもかんでも「ダメー!!」と制限するのも、やっぱりかわいそうです。

実は安全で安心なジュースはおうちでも作れるんですよ。へんなものが入ってないから安心して飲ませてあげられます。しかも超美味しくて超簡単です。子供も喜ぶこと間違いなしです。

 

無添加手作りレモンシロップの作り方

[capbox title=”レモンシロップの作り方” titleicon=’icon-heart’ titlepattern=2 bdstyle=4 bdcolor=#66bfbf]

  1. 国産レモンを用意し、薄い輪切りにする。種は出来るだけ取り除く。
  2. 消毒した瓶に(レモンと同量)の氷砂糖とレモンの輪切りを交互に入れていく
  3. 冷暗所で1週間ほど置いておく(1日に1回振って混ぜましょう)

 

砂糖が全部溶けたら出来上がり! [/capbox]

 

 

この写真は、漬けて2日目のモノです。梅は梅酒です。

1Lの瓶にレモン3個を使いました。氷砂糖は380g程入れました。余っていた氷砂糖を使ったのでちょっと中途半端な分量になってしまいましたが、ちゃんと美味しいレモンシロップができました。

作った直後はレモンが瓶にぎっしり入ってます。2日でかなり「かさ」が減りますね。

1Lの瓶にはレモン3個が限界でしょうか。子供に大人気ですぐになくなってしまうので今度はもっと大きい瓶で大量に作ろうと思います。

[talk words=’同じ要領で梅を使えば梅シロップになるよ’ name=’たか子’ align=” avatarimg=’https://sekkenbiyori.com/wp-content/uploads/2017/10/profile.jpg’ avatarsize=” avatarshape=” avatarbdwidth=” avatarbdcolor=” avataricon=” color=” bgcolor=” bdcolor=” bdstyle=” class=” style=”]

レモンや梅だけでなく、いろんな果物を使ってみると面白いかもしれませんね。

見た目がかわいいので、インテリアとして冷蔵庫の上などの目につく場所に置きたくなりますがそれはNGです。暗くて涼しいところに置きましょう。

レモンシロップの使い方

出来たレモンシロップをスプーンなどですくうときは、必ず清潔なものを使ってくださいね。一度開けたら冷蔵庫で保管してください。

水や炭酸水で割って頂きます。

グラスに氷とお水を入れて、お好みの量のレモンシロップを入れて、マドラーやストローでまぜまぜ。仕上げにレモンスライスを乗せれば、味良し、見た目良し、安全なレモネードの出来上がりです!

お湯で割ってはちみつを少し垂らしてホットはちみつレモンドリンクにも出来ます。

必ず国産のレモンを使用してくださいね。外国産のレモンは防腐剤やワックスなどがふんだんに使われてますので。無農薬国産レモンならレモンごと食べられます。

本当に感動のおいしさですので、ぜひお試しください!

お砂糖は入ってますが市販の添加物たっぷりのジュースを飲むより100万倍マシです。子供に本物の無添加の愛情の詰まったジュースを作ってあげてくださいね。手作りのものが子供は大好きです。本当にとっても喜びます♪

お砂糖がたっぷり入ってるので、飲ませすぎや虫歯には注意してくださいね。

[label title=’Check!’ color=’#f38181′ icon=’icon-ok’ text=” class=”]
野菜・果物の農薬の落とし方。超簡単に出来るから絶対にやった方がいいワケ

 

添加物からすこし距離を置いてみませんか?

安くて美味しいジュースには安いだけの理由があります。

本物の無添加のジュースなんかはお値段が高いですよね。添加物を使うことによってコストを下げ、安くて美味しいジュースが飲めるんです。商品の安さを追求したのは、言うまでもありませんが私たち消費者です。

安くて便利には裏があるんです。それを導いたのは私たち自身ですが、そんな生活を見直すときに来ているのではないでしょうか。

できることから始めてみませんか?大切な子供を守れるのはあなただけです。

子供に安全でおいしいジュースを手作りしてあげましょう。

 

お役に立てたら幸いです。では、また^^♪

 

[label title=’こちらも人気です’ color=’#66bfbf’ icon=’icon-crown’ text=” class=”]
安い・便利の代償。人は化学物質の危険性を真剣に考えるときに来ている
漉さなくても大丈夫。超簡単な出し汁の作り方。顆粒だしは問題あり
炊飯器もヨーグルトメーカーも使わない簡単本格甘酒の作り方。子供のおやつにも。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でせっけんびよりのたか子をフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)