せっけん

誰でもできる香害対策!知らないの?柔軟剤は衣類を汚してる!

今回のテーマは公害ならぬ香害(こうがい)です。スメルハラスメントとも呼ばれ、最近何かとよく聞くようになった言葉ですよね。

自分では原因が分からなかった不快な症状も、実は香害が原因だったなんてこともあり得るんですよ。

香害とは?

こんにちは、たか子です。

香害とは、柔軟剤や芳香剤などに含まれる香料が原因で、体に不快な症状がもたらされることをいいます。

みなさん、大なり小なり「香り」によって不快感を感じたことがあると思います。

においには自然由来のもの、化学物質由来のもの、人の体臭、動物臭などいろんなにおいがあります。

香害でいうところの香り・においとは、化学物質による合成香料のことをさします。

香料は至るところに含まれていますね。食材にはもちろんのこと、柔軟剤・芳香剤・掃除に使うスプレーなど、香料に触れない生活はおそらく無理であろうと思うくらい生活に浸透しています。

中でもにおいのキツイものの代表は柔軟剤です。

柔軟剤は衣服に香りを付けるものですから、外を歩いているだけで自分の意思に反して他人の匂いがダイレクトに鼻に働きかけてきます。

石鹸生活をしているとにおいがとても気になります。

石鹸生活は香料とは無縁ですから、自分では気付かないうちに匂いにかなり敏感になります。と、言うよりそれが本来の人間の嗅覚なんでしょうね。

私も一時期アホみたいに柔軟剤を大量に入れてる時期がありました。

柔軟剤を使っていると、だんだん匂いに慣れてきて物足りなく感じて使う量が増えていくんですよね。おそらく、他人に迷惑をかけたことでしょう。

自分では、私っていい香り~なんて思ってるんですよ。でも、ありがた迷惑だったんですね。

自分がその立場にならないとわからないんですもの。

きっと、香害主は全員自分がにおいによって人に迷惑をかけているなんて思ってないでしょう。そこが香害の一番の問題点ですよね。

企業はいかに強い香りを付けられるかに奮闘しているし、日本人みんな鼻が麻痺してます。

不思議ですよね。無添加や石鹸洗濯なんかも最近注目されるようになってきているけど、香り志向はどんどんひどくなる。

例えば、食べ物には産地や無農薬、遺伝子組み換えなんかにこだわっている人は多いけど、化学物質にまで目を向ける人はそんなに多くない。

オーガニックな生活がしたいのかそうじゃないのか、健康になりたいのかそうじゃないのか、全く分かりません。

香りもそのひとつですね。香料なんて合成化学物質そのもの。

鼻から皮膚から化学物質を体内に取り入れてますよ。

香害の症状

さて、そんな香害ですがどんな症状があるのでしょうか。

みなさん一度は経験があるかと思いますが、香水の香りをプンプンさせている人に一度は出会ったことがあるかと思います。

コレも柔軟剤と同じ原理で、本人の鼻は麻痺してきて普通の感覚ではなくなっています。

だから、香水も本来1プッシュで十分なのに、5回も6回もシュッシュ・シュッシュしてます。

そんな香水の香りをプンプンさせてる人に不意に近づいてしまうと、「うぅっ…」と思わず顔をしかめてしまいたくなるような不快感を感じますよね。

なんかこう、あたまがズキっとくるような、車酔いしたときのように胸元が「おえっ」とくるような。

それが香害です。

においの原因が例えば職場の人や同じクラスの人だともう耐えるに耐えられないですよね。

人によっては、止まらない吐き気、頭痛、アレルギー症状(ここまでくると化学物質過敏症ですね)が出てしまう人もいます。

海外では、香料に含まれる成分が原因で呼吸困難に陥った事例もあるそう。

アメリカやカナダでは香料の使用を自粛する動きが広がっているようです。

呼吸困難になるというのは非常に稀なことだと思いますが、そういったこともあり得るということを日本の企業ももっと知って事実を広めて、香料を使わない選択もできるように活動していってくれるとうれしいのですが。

話が少し脱線してしまいましたが、香料による不快な症状が重度になると、原因が長時間近くにある状態だとかなりつらいことになります。

場合によっては学校に行けなくなったり、仕事を辞める原因にもなってしまいます。

たかが香りだけど、ダメな人には本当につらい香りなんです。

香水や柔軟剤の強い香りを、良い匂いだと酔いしれてるのは自分だけだってことに早く気付いてもらいたいですね。

最近よく聞くようになった香害

香害というこの言葉が注目されるようになったのは、つい最近のこと。

香害の重大さも少しずつ世間に認知されてきつつありますね。

とは言っても柔軟剤は昔からあったけど、こんなにも強い香りではなかったですよね?

強い香りが流行りだしたのもこの数年の話。

アロマ柔軟剤が流行しはじめ、各社で沢山の種類のものが発売されるようになりました。それからというものの日本は妙な匂いに包まれているわけです。

給食に漂う柔軟剤の香り

学校によっては香料を含む柔軟剤や制汗剤を控えるようにお達しが出てる地域もあるようです。

生徒はもちろん、教師もその匂いの強さに頭を抱えているようです。

これには私も大賛成。うちの学校でもぜひ取り入れてほしい取り組みです。

子供が小学生になると、給食当番の給食着(割烹着)を持って帰ってくるようになります。

袋から出した途端広がる香り…前の当番の人のおうちで洗濯されてるので柔軟剤の香りが染み付いてます。

親御さんに悪気がないのは分かってます。

でも、嫌だ!!

人んちのにおいを強制的に嗅がされるのは嫌です。しかも、この給食着を洗濯すると、他の洗濯物ににおいが移るんです!これが本当に嫌。

我が家は石鹸洗濯だから、洗濯物のにおいはほぼ無臭。

そこに前の家庭の柔軟剤という汚れが我が家の無添加の洗濯物に付くんです。

柔軟剤の香りは汚れですよ。このにおいはこのあと、もう1~2回洗濯しないと取れません。

みんなこの柔軟剤の香りをプンプンさせながら給食の準備をしてるの?と思うとゾッとします。

給食のにおいと柔軟剤のにおいが混ざって嫌なにおいになりそうです。

給食を扱うときに使うものなんだから、柔軟剤をたっぷり入れるのはやめましょうよ。。

誰がいたか分かるよ

ウチは庭と玄関だけはお友達を自由に入れて遊んでいいことにしてます。

娘が友達と玄関でジェンガしたり、お絵かきしたりして遊ぶんですけど、お友達が帰ったあとも、玄関にはお友達の柔軟剤の香りが漂ってます(;´∀`)

人それぞれの柔軟剤のにおいがあります。このにおいを覚えておけば誰がうちに来たのかとか、子供が誰と遊んだのかが分かるようになりますね(笑)

一晩経たないとにおいは消えません。。

香料って本当に残りやすいんだなって痛感します。

自分が使っていたときは気にならなかったことが、石鹸を使うようになって気付くことが本当に多いです。

香料は汚れで毒です

香料はれっきとした合成化学物質。

一般人である私たちは到底理解できないくらいの、沢山の種類の化学物質が使われています。これってどういうことか分かりますか?

化学物質はとても危険です。化学物質の分子は小さいため人の体内に残留しやすいだけでなく、発がん性のものが多数あります。

でも、どの化学物質にどんな悪影響があるかなんて私たちには分かりませんよね?

もしかしたらすべての化学物質は人間にとって毒かもしれないんですよ。私たち一般人は真実を知りません。

大手企業が使っているものは安心だと思いますか?

でも企業は最終的には自分の利益だけを考えてますから、本当に信じられるのは自分自身だけです。

化学物質は少しずつ少しずつ私たちの体を蝕んでいきます。

近年、自閉症やADHDなどの障害を持つ子供が増えています。

がん患者も増加の一歩を辿っています。アレルギー患者、喘息やアトピーも増えています。なぜなのでしょう。

化学物質が遺伝子レベルで蓄積し受け継がれて体内で悪さを起こしている可能性は0%でしょうか。

強い香りが長時間に渡って衣類や空気に漂っていられるってことは、空気中に残留しやすい化学物質なんですね。

その香り(化学物質)を体内に入れていることになりますが、どのくらいの時間体内に残留してるのでしょうか。

体内に残留している間、体に悪さをしていないのでしょうか。

においひとつでも、突き詰めて考えてみると恐ろしいですよね。

また、石鹸洗濯をするとよく分かるのですが、今まで合成洗剤や柔軟剤を使っていて石鹸洗濯に切り替えるときは、はじめは全然泡立たないんです。

これってどうしてかわかりますか?

石鹸洗濯では汚れに比例して粉石鹸の量を増やさないといけないのですが、石鹸にとって合成化学物質は汚れだからなかなか泡立たないんです。

衣類に染み付いた化学物質を落とすにはとんでもない量の粉石鹸を使わないといけないんですよ。

化学物質が抜けて少ない粉石鹸でも泡立つようになるまでには1ヶ月くらいかかります。

合成洗剤での洗濯は実は汚れを香りでごまかしているだけで、化学物質という汚れを衣類に付けているんです。

石鹸洗濯を始めると今までどれだけ化学物質に汚染されていた衣服を着ているかがよく分かります。

そりゃ、アレルギー体質の人がそんな服を着てたらアトピーやら喘息やら起こしますよ。

娘は結構ひどいアトピーで、病院でもらったヒルドイドや塗り薬を使用しているのですが、石鹸洗濯に変えてからは前よりは大分落ち着きました。

ですから私にとっては、香料は汚れで毒なんです。

石鹸洗濯のやり方はこちらをどうぞ。

CHECK!

石鹸洗濯のコツ!ドラム式洗濯機でのやり方公開!

香害対策

香害から身を守る一番の方法はマスクでしょうか。

でも、一年中マスクをつけているのは気分的にも経済的にもあまり好ましくないですね。真夏にマスクもキツイですよね。

ハンカチの他に生地が厚めのミニタオルを持ち歩き、匂いが気になる人が近くにいるときは鼻を押さえるといいかもしれません。

職場や学校などいつも同じ人の匂いが気になるときは、やはりマスクをするのが一番ですね。

マスクの内側に精油を1・2滴垂らしたガーゼを挟み込んで、香りで匂いをブロックするという方法もあります。

安価なアロマオイルは香料で出来ているので必ず精油を使ってくださいね。

あとは、いつも一緒にいる人の匂いが我慢できないくらいつらいときは一言言ってもいいかもしれません。

少し勇気がいりますが、「柔軟剤の香りかな?おうちの芳香剤の香りかな?ちょっと強い香りがするよ?」とか、まずは遠回しに言ってみるといいかもしれません。

言い方はその後の人間関係に大きく影響するから難しいですよね(;´Д`)

話を洗濯の話題に持っていって、「私、柔軟剤の匂いが苦手なんだよね。頭痛くなっちゃうのよ」と伝えるのもいいかもしれません。

それから、こまめに外へ出て気分転換するのもいいですね。

なかなか相手に伝えにくい問題だけど、意外にも悩んでる人の多い香害。

沢山の人が自分の使ってる芳香剤や柔軟剤や制汗剤の香りが人を攻撃していることに気付いてほしいものです。

メーカーさんおねがい・・・

お願いです。これ以上柔軟剤の匂いを強くしないでください。

いかに強く長く香るかではなく、「無香料が素敵」を流行にしてください。

最近の日本はおかしな香りでいっぱいです。

有名なきれいな女優さんがいい香りの柔軟剤をアピールしてたら日本人の鼻の麻痺化が止まりませんよ。

日本は本当に香料を使いすぎです。そんなににおわせなくてもいいでしょ。

食器洗剤、香料いります?みなさん求めてます?

柔軟剤、やわらかくなるだけじゃ駄目ですか?

お部屋の芳香剤、そんなに部屋がくさいのですか?

芳香剤プンプンの車、乗りたくないです。本気で気持ち悪くなります。

みんなが脱化学物質で無添加生活・石鹸生活するのは無理でしょう。

でもせめて「無香料」流行らせましょうよ。

無香料が流行るといいな

香害って深刻です。目に見えないけど本当にはた迷惑な強い香り。やっかいなのは本人が気付いていないことと周りからは言いにくいこと。

思い切って無香料が大流行すればいいのにな。今まで日本は香りでごまかしすぎだったんです。

香害で悩む人が少しでも減ってくれたらいいなと願うこの頃です。

お役に立てたら幸いです。では、また^^♪

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でせっけんびよりのたか子をフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)