せっけん

石鹸に最適なおすすめスポンジを紹介!【体洗い用・食器洗い用】

こんにちは、たか子です。

今、体や環境のために安心・安全な無添加の石鹸を選ぶ人が増えてきています。

このブログでも、粉石鹸や液体石鹸など様々な石鹸を紹介してきていますが、今回は体洗い用と食器洗い用のスポンジに焦点を絞ってお話していきたいと思います。

まだ市販の合成ボディソープ使ってますか?

市販の合成ボディソープは化学物質満載です。成分表を見てみるとわけの分からない名前がずらりと並んでいますね。

私を含む一般人にはなんのこっちゃ。

でも、分からないからと言ってそれを無視して使い続けていると、知らずのうちに体に影響が出ているかもしれません。

かと言って、いちいちひとつひとつの成分を調べるのも大変な労力がいりますし現実的ではありませんね。

ボディソープなんてなんでもいいと思う方もいますが、化学物質はアレルゲンとなることもあるので、体や頭がかゆくなったり湿疹ができることもあります。

とくに敏感肌の人やアトピーの人は、ボディーソープやシャンプーの化学物質が原因でかゆみを引き起こしてることがよくあるようです。

ですから、肌に直接つけるボディソープやシャンプーにはもっと気を配った方がいいのです。

私の娘もアトピーと診断されてボディソープやシャンプーを見直したところ、症状がかなり改善しました。

それでも元がまぁまぁひどいアトピーなのでまだかゆみや傷が残っていますが、石鹸生活を始める前とはかなりの差があります。

体に害のない化学物質を血眼になって探すよりも、無添加の石鹸を使うのがベストです。

体洗いに一番最適なスポンジとは

マルセイユ石鹸

石鹸は泡立ててナンボです。

石鹸の泡が汚れを浮かし吸着して汚れを落とします。

我が家のお風呂では液体の無添加石鹸を体洗いに使用しています。

娘はアトピーで普通の石鹸だと脱脂力が強すぎるので、オリーブオイルから作られたマルセイユ石鹸を愛用しています。

CHECK!

お風呂で石鹸を使うときは、液体・固形に関わらずよく泡立てることが大切です。

もこもこの泡を作るコツは、タオルタイプのものではなくてこのような泡立てネットを使うのがおすすめ。

固形石鹸も液体石鹸もあっという間にもこもこの泡ができます。

もし、使ったことが無い方がいたらぜひ使ってみてくださいね。

このスポンジでもこもこの泡を作ったら、泡だけを手に取って体はスポンジは使わずに手で洗います。

クリームみたいにもっちりした泡を作ってから、肌をなでる様にやさしく洗います。

ゴシゴシしすぎるのはNGですよ。

食器洗いに最適なスポンジとは

体の汚れを優しくしっかり落とすには泡立てることが大切とお伝えしましたが、これは食器洗いでも同じこと。

純石鹸で食器を洗うときも、もこもこの泡を作ってから食器を洗います。

石鹸はアルカリ性です。なので酸性のものが泡に付くと泡が消えてしまい、汚れを落とす力が無くなってしまいます。

使い終わった食器には酸性のよごれがたっぷり付いているので、たっぷりの泡を作ってもすぐに消えてしまうことがあります。

泡がなるべく長持ちするように、いらなくなった服や新聞紙などを小さくカットしておいて、食器の汚れを拭ってから石鹸で洗うと効率よく食器洗いができますよ。

そして、もうひとつ大切なのがスポンジです。

ドラッグストアやホームセンターなどで手に入る普通のスポンジを使ってもよく洗えるのですが、石鹸派にぜひおすすめしたいスポンジがあります。

こちらが大変おすすめです。

太陽油脂さんが作った石けんのためのスポンジです。

耐久性・泡立ち感・使用感・汚れ落ち抜群です。

見た目のフォルムがよく目にするような普通のスポンジとは違うので、ちゃんと洗えるのか初めはドキドキしましたが、これで石鹸を泡立てるとスポンジの目が細かいので泡がどんどん育ちます。

そしてその泡がなめらかに汚れを落とす感じで汚れ落ちも◎。

石鹸をパックスナチュロンのスポンジで泡立てたところ石鹸をパックスナチュロンのスポンジで泡立てたところ

私はこのスポンジに泡ポンプで出した泡石鹸を乗せて、少しだけくしゅくしゅしてからお皿を洗います。

洗い終わった後の泡切れ・水切れもよく、これで洗うと石鹸での食器洗いもノンストレスです。

このスポンジで合成洗剤も使ってみたのですが、私はちょっと使用感が好きではありませんでした。やっぱり石鹸用なんだなと。

合成洗剤を使うと、妙にキュッキュと引っかかる感じがしてちょっと苦手でした。ですが合成洗剤でこれを使用している人も多数いるようです。

石鹸で食器洗いをするには、言うことなしの使用感ですよ♪

耐久性は、私は3ヶ月くらい使うとそろそろ取り替えたいなぁという感じになってきます。

ぺちゃんとつぶれたり、へたったりはしないのですが、まわりが切れ切れになってきて見た目が悪くなってくる感じです。

でも、口コミ・レビューを見てみると、1年以上使い続けるというツワモノもいるようです。

耐久性はかなりいいですね。

デメリットをあげるとしたら、普通のスポンジには大体ついているゴワゴワした面がないことですかね。

固いスポンジがないので、こびり付いたような汚れは少し落としにくいです。

そういう場合には長く水に浸けるなどすると汚れが落としやすくなりますよ。固い面が無いからと言って、特に不便を感じることはないです。

もうひとつのデメリットは店頭で見たことがないことです。

取り替えたいなぁと思ったときに、ぱっと買いに行けないのが難点です。ネットだと小額の場合は送料がかかる場合がほとんどですからね。。送料がもったいないですよね。

私は大容量の液体石鹸や粉石鹸や歯磨き粉をネットでまとめ買いするので、そのときに一緒に注文します。

一回の出費が多くなってしまいますが、店頭で手に入らないことを考えると、半年・一年ごとにまとめて買うのが安心です。

なんせ石鹸を扱う会社が石鹸のために開発したスポンジですので、石鹸での食器洗いはこれ一択と言っても過言ではないくらいです。

エスケーのスポンジも使ってみた

エスケーのスポンジを手に乗せたところ

追記です。

エスケーでも石鹸用のスポンジを販売していたので試しに購入してみました。

パックスナチュロンよりもだいぶ大きくて厚みもあります。

このままでもよさそうですが、私にはちょっと大きすぎる感じがしたのでカットしてみました。

エスケーのスポンジをカッしたところト

小ぶりの大きさのスポンジになって使いやすくなりました。

使用感はパックスナチュロンのものとほぼ同じでした。

厚みがあるので、洗いごたえがあります。

石鹸に適したスポンジを使おう

石鹸の特徴を最大限引き出すにはスポンジがとっても重要なんですね。

石鹸と相性のいいスポンジを使って、もこもこの泡を作りましょう。

お風呂もキッチンも、もこもこ泡ですっきりさっぱりです(o^∇^o)

お役に立てたら幸いです。では、また♪

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でせっけんびよりのたか子をフォローしよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)